90周年に初舞台を踏んだ月組を支える中堅男役の響れおなさん

宝塚歌劇団月組の響れおなさん。2004年に90期生として入団し、入団時の成績は3番という好成績でした。初舞台公演は、雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー』でした。
月組に配属になり、2006年『暁のローマ』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、若手スターだった龍真咲さんの役に抜擢されました。
2009年『エリザベート -愛と死の輪舞-』では、トップスター演じる黄泉の帝王トートの周りを取り巻く黒天使に選ばれました。2015年『1789 -バスティーユの恋人たち-』では、ギロチンを開発したギオタン博士を演じました。同年月組ミュージック・パフォーマンス『Wonder of Love』では、トップ娘役の愛希れいかさんを中心に、たった5人で作るステージを力強く支えました。
2017年『ALL FOR ONE?ダルタニアンと太陽王?』では、スペインから来たディエゴ役を面白く演じました。
2018年『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』『BADDY(バッディ)−悪党からやって来る−』に出演されます。キレイモ コース

娘よ、出たのはいいけどもう少し小分けにしてくれ…!

少し汚い話になりますが、娘ちゃん、生後3ヶ月を過ぎたあたりからうんちの回数がずいぶん減ってきました。この頃になるとうんちをためられるようになって回数が減るとは聞いていましたが、最近では丸1日出ないこともしばしばなんです。時を同じくして、母乳の飲み具合も悪くなってきました。飲まないことはないんですが、飲む時間が短いです。片方しか飲んでくれないこともあって母は結構困っています。おそらく、うんちが出てないとそんなにお腹が空かずに吸いつきが悪くなるんですね。そしてあんまり飲まないからうんちも出ないの負のループだと思うのです。
そんなこんなでちょっと間があくと綿棒浣腸をしています。昨日は1日出なかったので今日もおしりを刺激してあげました。でも、出ない。すぐには出ない。ということでそのまま授乳し、しばらく抱っこしていたところ、なんだかかぐわしいニオイがしてくるではないですか。ちょっと抱き方を変えてみると、背中に妙な違和感が。そうなんです、娘ちゃんしれっと大量のうんちをしておりました。オムツを替えた直後なおかつ縦抱っこをしていたにも関わらず、背中の高い位置まで漏れる出血大サービスでした。ここまで来たらもうシャワーで流した方が早いです。ジャーっと流してお着替えしたらご機嫌になりました。そりゃあスッキリしたよね。出ないのは心配だけど、あんまりため込まないで出してくれるとうれしいのですが…
娘よ、ガンバレ!

コンビニ経営者、妻の苦悩と本音を語り出したら止まらない

夫は自営業である。コンビニ経営者だ。本来であれば私も夫の仕事を手伝うのが筋なのだろう。しかし、コンビニの仕事をナメてはいけない。レジ、たばこ、公共料金、宅急便、切手、ギフトなどなど。あらゆるものを覚えなければいけないし、新商品や新サービスがやってくる。毎日仕事に入ることができるならいいが、幼児を抱えて育児まっさかりの私にはたまにシフトに入るたびに、新しいキャンペーンや新情報を覚えなければいけない。支払いも現金、クレジットカード、デビットカードなど多岐にわたり、間違えてしまうと大変なことになる。スーパーでさえ最近は自動でおつりがでてくるのに、未だコンビニは人力。しかし約365日当たり前のようにいる夫は、それらの私の「大変さ」を理解することができない。普段は優しい夫だが、仕事となると冷徹になる。妻へのサポートをしてくれてもいいはずなのに、出来て当たり前だろうと放置されるため、私は「たまにシフトに入るコンビニの大変さ」と「妻という立場でお店に立つことの重責」に耐えられなかった。「お店で働きたくない」という私は妻失格なのかもしれないが、これが本音なのだ。