一端のことをネット上で述べていて、実際は乖離している元教師の話

私が現在出身地に戻って生活していることは、既に述べたことですが、私は今も気持ちが晴れやかになれないことが色々あります。そのうちの一つが私が関わった元教師のことです。一人は、元々近所に住んでいた人で、現在は2�q位離れたところにあるアパート住まいをしていて、一日に一度私の近所の家にやって来る人ですが、元々は小学校の教師をしていて校長にもなった人でした。この人については、ネットで検索すると色々と書き綴った話が出て来ますが、一見マトモそうなことを書いていても、この人は駄目と言いますか、ポーズに騙されてはいけないと思うことがあります。新年度に入り、自治会の班長が替わったのですが、私は誰になったのかについては知りません。ただ、この人が候補に挙がった可能性が高いということで決して軽視できないことですので、色々と考えておく必要があると思いました。この人は、私が一昨年度に自治会の班長をしていた時に、回覧板を回すと、持って来た人に、「見たくないから、持って来ないでくれ」と言い続けていたそうです。このことが、一昨年度の終わりの自治会の総会で挙がりましたので、私も非常に腹を立てたのですが、ネット上では一端のことを書き綴っていても、実際の生活が乖離しているということで、私は不快で仕方ありませんでした。その人はバンドを組んでいて、テレビのローカルニュースでも取り上げられたこともあったのですが、主に老人福祉施設の慰問ライブが中心で、YouTubeに動画がアップされていても見ている人は一桁の数しかいないといったものでしたが、本人は、将来的にCDを発売したいといった寝言の様なことを言うので、私は正直顎を外しました。その人からは、昨年ライブに誘われたのですが行きませんでした。母は、母の兄弟が全員教師だったことで、教師については性善説を採るタイプでしたが、この人についてはネガティブな見方しかしていませんでした。私も、嫌な感じの人に見えますし、班費を徴収した時も宗教の話をされたり、嫌な感じです。今年度んp班長がその人であれば、私の自宅にも来ることがあるでしょうから、私はいい感じがしません。正直、私はこの人は、教育者だった人と言うよりも、音楽好きのおっさんが職業として教師をしていただけの様に見えるだけです。もう一人は、こちらも既に述べた高1の時の担任の先生です。この先生は、校内の評判も悪かったのですが、定年退職後は講師として私の通っていた高校に勤務していた時期がありました。私は、このことについて、「懲りない人だ」と呆れていたのですが、更に呆れていたのは、この先生がネット上で物理は固より教育論について滔々と述べていることでした。私は全部読んだのですが、その中に嘘が紛れていたことが判ったので、正直吊るし上げたくなりました。この先生は、私のクラスで授業をしていた時に、化学が専門だと話していたのですが、ネット上では物理が専門で永年教えてきたと書かれていました。私が高2・高3の時は、その先生は理系クラスの化学を教えていたので、この話には信憑性が無いばかりか、腹立たしいだけでした。私が高校を卒業する時の学校新聞では、「安定、安住求むることなかれ。不安定と不確実の中に進歩と安定があります。そして、いつも新鮮な気持ちで生きていかれます。」と書いていました。その学校新聞は現在も保存してありますが、そういったことについても、この先生が、コネ採用で公立高校の教師になったことからも、一端のことを述べている様で、実際との乖離が酷く、この先生のことを知っている人が読めば、読むに堪えないものであるといったことが直ぐに判ります。いい加減な授業、無責任な態度、何をやらせても自分の遣りたいことの押し付け、といった事ばかりでしたので私は腹が立って堪らなかったのですが、こういった先生が定年退職後に講師をしているというのは、更に腹が立ちました。高校では新学期が始まる時期ですが、私の両親の様に人を見る目が無いと判る様な人は別として、こういった先生に出くわした場合、直ぐに今後の生活について色々考える点も多くなると思いますが、私はこういった酷い先生に人生を変えられたことについては一生ついて回ることでもあり、また、この先生の給料が税金から出ていたことも軽視できないことでもあるので、一見ネット上で挙げられていても実際にその人を見ないと判らないことは幾らでもある、そしてマスコミで挙げられていても実際はどうなのか?といったことについても注意しなければならないことは、今の時代においては以前よりも深刻になっていると思います。多くの人が情報発信できる時代だからこそ、確かな目が必要であることですが、一見目を惹く様なことでも立ち止まって様子を見ることは今後益々重要であり、生活の技術とは何か?を考えなければならないと思っています。

来月のカードの支払いを調べたら計算より多くてがっくし

今日は待ちに待ったまとまったお金が私の口座に振り込まれる日でようやくこの日が来たかと口座の残高を覗いてみると、しっかりと振り込まれていて嬉しくなりました。
さっそく暗号通貨の取引所に振り込もうとした時にふと疑問に思ったのは来月のカードの支払いです。
きちんと計算していたつもりなので心配いらないと思っていたのですが、一応確かめてみると私の計算よりも多くて驚きました。
そんなに使ったかと使用明細を見るとたしかに身に覚えがあるものばかりでこれはいけないと取引所への送金を予定より少なくすることにしました。
そして取引所で入金の手続きをしようとすると今の時間は銀行振り込みができないとあります。
代わりにペイジー入金ができるとのことで、そこにあった番号を私が使うネットバンクで探して見てもなりません。
ゆうちょ銀行からならできるとのことでまずそちらに送金してみようかと手続きを進めると、なんと入金完了が1週間後とのことで驚きました。
すぐに投資したいのにどうしようと悩んだのですが、銀行振り込みを見るとできるようになっていたのでほっとしてそちらで入金し、無事着金したことを確認しました。ミュゼ 店舗変更

突然濡れたからびっくりしたんだろうなぁ〜

そろそろお風呂でお湯を顔にかける事にした息子くん!
ってか実は新生児からかけてよかったんだってね…
習った方法は濡らしたハンカチで優しく拭く方法だったからさ〜
ずっとかけれたら楽なのにとか思いながら洗ってたんだよね(笑)
耳も塞がなくてよかったみたいです!
赤ちゃんの耳って水が入りづらく出来てるし塞ぐと圧がかかって逆に鼓膜が破れたりするらしいですよ…
頑張って抑えてたのになぁ(笑)

初めてのお湯かけドキドキ〜
最初は顔にかからないように頭にシャーッとかけてシャンプー☆
びくっとしたけど泣きませんでした!
なんと洗いやすい事でしょう!
顔はほっぺたとか初めて泡をつけて洗いました♪
思いきってゆっくりと顔にシャワー!
すると目を開けちゃうので入った途端にギャン泣き!

らぁぁぁーっ!

響く声に私がびびる(笑)
抱っこして泣き止ませて湯船入ったけどピシャンっと顔に少し跳ねるだけで泣き顔…
もっと早くからかけてたら平気だったのかしら?
今から頑張るしかないわな!

母が心配したのは人間ではなくてペットのクサガメ

昨日は本業の会社から帰ると近所の家の前から水が流れていました。
数年前から時々水が濁る事がありついに水道管のヒビが限界に来たようで勿体ない位に流れていました。
水道屋さんが来て応急処置をしてくれましたがこれ以上は防げないようで家の水道もチョロチョロしか出なくてさらに穴が大きくなりついに水が止まったら困ると話になりてっきり私達人間の水の心配をしてるのかと思うと母が『ドルが飲み水汚いと困るでしょ』と言いました。ドルとは我が家にいる御歳14歳のオジサンのクサガメです。
そっちの心配かよ!と突っ込みをしたくなりましたがスルーをしてとにかくミネラルウォーターを買いに行きました。
バケツに汲み置きすればすればいいのですが続けて母が『ドルがお腹を壊したら困るでしょ』と言いました。
次の日結局水道は現状維持のままでしたがクサガメにはミネラルウォーターを入れてあげました。
人間でもなかなか浸かれないのに身体中ミネラルウォーターを浴びている彼はなんて贅沢な奴なんでしょう!